あごニキビ

顎(あご)ニキビの原因|30代の私が実践しているリアルな予防策とは

投稿日:

あごのニキビで悩み始めたのは20代後半からでした。

朝、鏡を見るたびにあごに赤いニキビが増えていきました。。

あごニキビっておでこや頬(ほほ)のニキビと違って

会話している相手の目線があごにいっているのがものすごくわかりやすく

とてもショックでした。

そして私の場合はアゴだけでは収まらず、頬にも広がっていきました。

今回はそんな私が実際にあごニキビを減らせた方法やあごニキビの原因などについてご紹介していきたいと思います。

あごニキビの原因とは

10代の思春期の頃にできるニキビはおでこや鼻の周辺(Tゾーン)にできると言われており、あごニキビは一般的に大人ニキビとされています。

そして大人ニキビができる主な原因は

  • 生活習慣の乱れ
  • 精神的、身体的なストレス
  • 肌のターンオーバー(肌の再生する周期)の乱れ
  • 肌の潤いを保ったり刺激から肌を守る、肌のバリヤ機能の低下

などと言われています。

身体的ストレスとは

最近の場合だとマスクなど肌にこすれてしまい刺激を与えてしまったり手で顔を頻繁に触ってしまうなどの外部的な刺激の事です。

私が行っている、あごニキビ対策のご紹介

私は実際に行ってきたあごニキビ対策としては

  • 洗顔を優しく丁寧に行う
  • 赤外線対策
  • 睡眠の改善
  • 食生活の改善
  • スキンケア商品の買い替え

などです。

約6か月継続する事であごニキビがほとんど目立たなくする事に成功しました。

洗顔を優しく丁寧に行う

洗顔で肌を清潔に保つ事は、もちろんニキビには大切ととされています。

ですが、肌の油(皮脂)を落とす事を意識するとゴシゴシ洗ってしまったり、一日に何度も洗顔してしまったりします。

そのような肌に対する刺激が強い洗顔を行ってしまうと結果、ニキビができる原因になりえるとされています。

オススメの洗顔方法としては

  • 石鹸や洗顔料をたっぷり泡立て
  • 泡立てた泡だけで顔を包むように顔に塗り

ぬるま湯のお湯で丁寧にすすいで完了です。

赤外線対策

赤外線も肌からするとニキビの原因になりうる「刺激」に該当すると言われています。

ですので私の場合は、毎朝スキンケアの最後に低刺激で石鹸などで簡単に落とす事ができる日焼け止めを塗るようにしてます。

睡眠改善

毎日の夜更かしなどで睡眠不足が続いてしまうとホルモンバランスや自律神経が乱れやすくなり、肌のターンオーバーの乱れなどに繋がり肌に良くないと言われています。

そして肌に良い睡眠としては

  • 夜22時~翌2時の間は成長ホルモンが最も分泌される時間帯の為、睡眠状態でいれる事
  • 最低6時間以上の睡眠

と言われているため、自身で寝れる状態づくりを心掛けるのがオススメです。

私の場合は

  • ベットに入る2時間前からスマホをいじらない(ブルーライトで目が覚めて寝れなくなる可能性があるため)
  • ベットに入る1時間~2時間前にお風呂に入る(お風呂上がりの体温が下がる時に眠りに入りやすいと言われているため)

この2つを実践する事でぐっすり寝れるようになりました。

食生活の改善

バランスの良い食事をする事で、内側からニキビができにくい肌を作っていく事も大切と言われています。

具体的には

  • 皮脂を増やす可能性がある動物性脂肪や砂糖の多い食べ物や飲み物をできるだけ避け
  • 肌を作るのに必要とされるたんぱく質やビタミン、ミネラル、腸環境を良くするための食物繊維を摂る

などが良いと言われています。

さらには適度な運動を行うとストレス発散にもなるため、適度な運動もオススメです。

スキンケア商品の買い替え

普段使用しているスキンケア商品の油分が多い、肌に合ってないなどの理由から実は使用しているスキンケア商品の組み合わせなどがニキビや肌荒れの原因になってしまっている可能性もゼロではありません

私の場合は思い切って数年使用していた化粧水、美容液、乳液の使用をすべてやめて1つでスキンケアもニキビケアもできるオールインワンを購入しました。

1つで済むので組み合わせが悪いなど一切なく私的には

「原因は以前に使用していたスキンケア商品が原因だったんじゃないか?」

なんて思ってしまうほどどんどんニキビや肌荒れが改善されていきました。

 

関連記事

私が購入した商品についてはこちらの記事で詳しくご紹介してます。

ニキビの薬が全く効果なかった。。私のニキビを治した美容液はコレ!

-あごニキビ

Copyright© 【肌の悩み】ニキビ、ニキビ跡、救済サイト!夏に向けてケアしませんか? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.